FC2ブログ

記事一覧

巨大人形モッコ

先週末、巨大人形モッコの練習を見学に行ってきました。東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラムの一貫として飯田市のお隣、高森町で制作されたもので、その巨大な身体(約10メートル重さ1トン)を動かす練習をしていました。東日本大震災からの復興をテーマに、東北地方を旅して人々の思いを預かり、東京を目指すという設定らしく、現在は東北地方に行っている様です。その大きさと迫力に驚く子どもたち!!!飯田は人形劇...

続きを読む

聖火リレー

今月2日、飯田に東京2020の聖火がやってきました。飯田を走った12名のうち1名はおさひめチャイルドキャンプ職員です。諸事情により沿道で応援できたのは一部の子たちでしたが、来られない子たちはネットを繋いで施設で応援しました。聖火リレー終了後、トーチを施設に持ってきて触ったり持った子どもたちは嬉しそうでした。賛否両論あるオリンピック、そして聖火リレーではありますが、子ども達に夢や希望を与えるイベントであって...

続きを読む

巣立ちの春

毎年、春分の日に送別会を行っています。昨年に引き続き、コロナの状況を見ながら、対策を徹底したシンプルな形での開催です。今年は10年以上施設で生活した子たちを含む、高校生5人を送別しました。寄せ書きや記念品など沢山の品を贈ります。今年はこれまでにないステキな贈り物が加わりました。こういった名前が入った詩のボードです。「おもいやり家」のFさんから、おさひめの子たちに何か出来ることはありませんか?と相談があ...

続きを読む

石ころだらけの園庭

新しい建物での生活が始まり約8か月が経ちました。子ども達も職員もようやく慣れてきた感じです。さて、今年度は建物が完成し、外構工事も一通り完了しましたが、園庭の整備は来年度に持ち越しとなっています。旧本館跡地でもある園庭は、大小の石や金属、ガラスなどが残った危険な状態でした。そこで、とある会議の後、職員総出で庭の石拾いをすることに。終わりのない作業ではありましたが、人海戦術で30分ほどやったので、ひと...

続きを読む

今年も鬼がやってきました

おさひめチャイルドキャンプにも鬼がやってきました。2月2日の節分は124年ぶりだそうですね。全身赤に虎柄パンツがスタンダードかと思いますが、コロナ禍の今回はこんな鬼がやってきました。きちんとインターフォンを押し、靴を脱いでの登場です。鬼とは言え、礼儀は大切ですね(笑)節分の鬼イベントの際、怖がる子ども達を大人たちが面白がるあまり、日頃大切にしている愛着関係が損なわれてしまうという児童養護施設ならではの課...

続きを読む

プロフィール

おさひめチャイルドキャンプ

Author:おさひめチャイルドキャンプ
長野県飯田市にある児童養護施設です。
令和2年に建て替え工事を完了したキレイな施設です。
あ、キャンプ場ではありません(^_-)

キャンプ(Camp)には、そこで力を蓄えて外に出ていく、自立していくという意味があります。
おさひめチャイルドキャンプは、子どもたちの「こころ」と「からだ」のケアに努め、主体的に生きていく力を培う定員30名の小さなキャンパス(Campas)です。

月別アーカイブ