FC2ブログ

記事一覧

夏休み

書中お見舞い申し上げます。長くて暑い夏休みもようやく終わりが見えてきました。湯多利の里「伊那華」さまより、3回目となるご招待があり、今回は年少の子たちがお世話になりました。気持ちの良い温泉と美味しい食事で、大満足の子どもたちでした。来月にも最後のグループがお世話になる予定です。「伊那華」さま、どうぞよろしくお願いいたします。お盆には毎年恒例の流しソーメン会です。夏休みに帰省出来る子、全く出来ない子...

続きを読む

クラウドファンディングに挑戦

ご報告です真鍋かをりさん、福田萌さんら女性タレント5名による「こどものいのちはこどものもの」プロジェクトの対象施設として選ばれ、インターネットを使って日本全国からご寄附を募るクラウドファンディングに挑戦しています。プロジェクトが公開された11月20日には、厚労省にて記者会見があり、出席して参りました。園長が来年度に迫った本館建て替えについてのコンセプトなどをプレゼンしました。当日は多くのマスコミ関...

続きを読む

参観日

児童養護施設では、保護者の方の代わりに参観日に行くこともあります。先日の中学校の参観日では、Aくんが理科の実験をしている最中でした。血液の成分や仕組みを勉強するため、麻酔で眠ったカエルの観察です。やはり体験型の授業は面白いですね。参加している保護者たちも興味深々でした。施設での姿とまた違うA君の真剣な姿を見られて嬉しかったです。...

続きを読む

救命講習会

職員が二班に分かれ、飯田消防署にて普通救命講習を受けました。3時間半に渡る講習ですが、実技指導も多くあっという間でした。心肺蘇生と胸骨圧迫の組み合わせは定期的にやることで感覚的に身に付きます。おさひめにはAEDが設置されています。いざという時に活用できるよう訓練してきました。学んだスキルを実際に使うような事態が起きないことが一番ですが、いざという時に子どもの命を救える職員集団でありたいと思います。講習...

続きを読む

年に一度の全体会

毎年、一年に一回、5月に「全体会」を開催します。これは、子ども、職員が全員集合し、みんなが安心、安全に生活するための話し合いをするものです。前半は全員で全体の「やくそく」についての確認などをしました。後半は、生活している場所、年代ごとに分かれてグループごとの話し合いです。家庭的な雰囲気を大切にしたいので「ルール」はなるべく減らしたいのですが、集団で生活している以上、一人ひとりが安心、安全でいられる...

続きを読む

プロフィール

おさひめチャイルドキャンプ

Author:おさひめチャイルドキャンプ
長野県飯田市にある児童養護施設です。
キャンプ場ではありません(^_-)

キャンプ(Camp)には、そこで力を蓄えて外に出ていく、自立していくという意味があります。
おさひめチャイルドキャンプは、子どもたちの「こころ」と「からだ」のケアに努め、主体的に生きていく力を培う定員30名の小さなキャンパス(Campas)です。

月別アーカイブ