FC2ブログ

記事一覧

性(生)教育をしました。

7月24日(日)駒ケ根市にある「WN(ワン)ライフ・ながの」代表 北原慶作さんをお招きしました。北原さんは「すべての人が健康に暮らしていくために」を理念として、高校を中心に性教育等の講座をされている方で、おさひめの子ども達へも①小学生を中心にした体験コース「赤ちゃんを抱いてみよう!」②小学生高学年から中学生を中心にした思春期コース「人との距離ってなんだろう?」③高校生を中心にした大人への準備コース「未来の自分へ」の3つのコースを設定され、性(生)教育をしていただきました。小学生中心の体験コースでは、赤ちゃん人形を抱き、「赤ちゃんはどんな時に安心できるのか?」をみんなで考えてみました。また、小学校高学年から中学生中心の思春期コースでは、人との距離の取り方をメジャーを使い実際に距離を測定し、公的・社会的・対人的・親密ゾーン、レベルを体験しました。そして、高校生は大人への準備コースとして、「自立」「自律」の意味を教えていただき、20歳、25歳になった自分をイメージし、その自分へのメッセージを考えてみました。各コースも参加・体験型ということで、子ども達も関心が高く北原さんのお話を聴くことが出来ました。北原さんには、子ども達へ貴重な体験やお話をしていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おさひめチャイルドキャンプ

Author:おさひめチャイルドキャンプ
長野県飯田市にある児童養護施設です。
キャンプ場ではありません(^_-)

キャンプ(Camp)には、そこで力を蓄えて外に出ていく、自立していくという意味があります。
おさひめチャイルドキャンプは、子どもたちの「こころ」と「からだ」のケアに努め、主体的に生きていく力を培う定員30名の小さなキャンパス(Campas)です。

月別アーカイブ