FC2ブログ

記事一覧

今年も鬼がやってきました

おさひめチャイルドキャンプにも鬼がやってきました。
2月2日の節分は124年ぶりだそうですね。IMG_6343.jpg
全身赤に虎柄パンツがスタンダードかと思いますが、コロナ禍の今回はこんな鬼がやってきました。
IMG_6352.jpg
きちんとインターフォンを押し、靴を脱いでの登場です。

鬼とは言え、礼儀は大切ですね(笑)

節分の鬼イベントの際、怖がる子ども達を大人たちが面白がるあまり、日頃大切にしている愛着関係が損なわれてしまうという児童養護施設ならではの課題があります。
IMG_6344.jpg
そこで、保育士さん達は子ども達を必死で守るという姿勢を大切にしてもらいました。
IMG_6341.jpg
この日のために対策を練ったり、鬼の登場を楽しめる子には戦いを挑みます。

「鬼滅の刃」で鬼退治に詳しくなっている子ども達に首を狙われないかヒヤヒヤでしたが、きちんと豆を投げてきてくれました(=゚ω゚)ノ
IMG_6336.jpg
泣かずに鬼に立ち向かえた子にとっては自信にも繋がった様です。
IMG_6348.jpg
鬼の中身は誰なの?というのも毎年子ども達の話題になります。
IMG_6356.jpg
でも基本的には明かしません(体形や動きで何となくバレますが(笑))
IMG_6367.jpg
鬼退治イベント終了後は、各ユニットごとで恵方巻パーティーです。

勇気を出してコロナマスク鬼と戦った武勇伝を語りながら、楽しく美味しい食事を楽しめました。

今年もおさひめチャイルドキャンプに沢山の福がやってきますように!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おさひめチャイルドキャンプ

Author:おさひめチャイルドキャンプ
長野県飯田市にある児童養護施設です。
令和2年に建て替え工事を完了したキレイな施設です。
あ、キャンプ場ではありません(^_-)

キャンプ(Camp)には、そこで力を蓄えて外に出ていく、自立していくという意味があります。
おさひめチャイルドキャンプは、子どもたちの「こころ」と「からだ」のケアに努め、主体的に生きていく力を培う定員30名の小さなキャンパス(Campas)です。

月別アーカイブ